本文へスキップ

excel2010エキスパート通信講座

合格者の声/Excel2010エキスパート

合格者の声

excel2010

62才 男性(団体職員)

マイクロソフト オフィス スペシャリストを取ろうと思ったのは、親しい友人が資格を取得したからでした。

私自身、それまで仕事でパソコンを使ってはいたものの、WordやExcelを使う機会は少なく、どちらかと言うとパソコンは得意なほうではなかったので一念発起して、友人が取得した際に学習したという通信講座に申し込みました。

そこで、せっかく習うなら、資格を取るという目標があったほうが「頑張ろう!」という気持ちになると思い、MOS試験の勉強をはじめることにしました。

Wordは図形描写などの組み合わせが難しく、Excelは関数と保護のところがなかなか理解できなくて苦労しました。

仕事や子ども2人の出産の手伝いなどの合間をぬって受講していたので、取得までに長い期間かかりましたが、落ち着いて勉強できる通信講座は学ぶ環境として私には最適でした。

また、最後まで挫折しないでできたのは良い先生に恵まれたからだと感謝しています。

今では、次の上位資格であるエキスパートの資格を取ろうと学習を続けています。





マイクロソフトオフィススペシャリストとは


マイクロソフト社公認の、世界基準のパソコン資格

ワードやエクセルの技能を、開発元のマイクロソフト社自らが証明する唯一の国際資格です。

合格すると世界共通の認定証が発行され、マイクロソフト社のワードやエクセルなどを使えることを、世界中どこに行っても証明できます。

面接で「私はパソコンを使えます!」とアピールしても、どの程度使えるか説明しづらいため、面接官にはなかなか伝わりません。

そこで便利なのがPCスキルを証明する資格、世界基準でワードとエクセルの技能を証明するマイクロソフト オフィス スペシャリストなのです。

マイクロソフト オフィス スペシャリストを、新人研修やキャリアアップに奨励している企業も多いため、資格の信頼性は十分です。